作文六一网

当前位置: 主页 > 高分作文 > 求一篇有关日本温泉文化感悟的日语小作文_大理

求一篇有关日本温泉文化感悟的日语小作文_大理

发布时间 : 2020-05-25 09:17:22来源 : 儒家文学网阅读数 :

导语 : 帮忙找一篇写雨的作文【带感悟的或带抒情的】! 叶,不再嫩绿得惹人怜惜;风,也不再轻揉得撩人心弦;枝头,只见那深沉的绿阴;发丝,也只有那零乱的飘散;恬静的那片深处泛起

帮忙找一篇写雨的作文【带感悟的或带抒情的】!

叶,不再嫩绿得惹人怜惜;风,也不再轻揉得撩人心弦;枝头,只见那深沉的绿阴;发丝,也只有那零乱的飘散;恬静的那片深处泛起丝丝涟漪;深沉的绿不再拥有寄托的权利。――题记

雨,细细的,轻轻地洒在花瓣,大有怜惜之情。然而谨慎之余难免会有疏忽,依然有片片花瓣被不经意的碰下来,在黄色污水上打着旋儿,尽最后一点力量与命运搏斗。可弱小的生命经不起风吹雨打的折磨,在不甘心之余,混入了污泥的包围之中。

一夜风雨,不知摧落花瓣,打折了多少枝节。拂去仅剩的几朵花上的雨的痕迹,可以看得出幸存对它们来说已不再幸运――那花瓣分明已失去它应有的色彩。造物者多么残酷。

雨下着,打在窗上。透过这水浓雾,远处是星星点点的光化为柔和的气息,萦绕在风雨中。寂静的深夜,要么无声无息,淅淅沥沥,就像“随风潜入夜,润物细无声”;要么声威赫赫,雷声电光,如惊鸿一般眩目,如夏花一样灿烂。

流年似水,抽尽真纯的美丽,憔悴成凄迷的风铃,日日夜夜鸣奏着哀伤的曲调。

窗外,浓浓的黑夜给我百般的寂寞,孤独的心有些失落,眼前一片迷茫,路边掠人的柳丝依然拂动,草丛上的露珠闪亮。岁月留不住昔日的足迹,流逝,时间不曾迷恋此刻的美景。时光飞驰,斗转星移,惟有心中的情感亘古不变。

雨总是下着,悬在青灰色瓦屋檐下,像老弥陀脖子上数不完的念珠。古刹钟似黑色的幽灵, 荒原上深深的树影。

星月不误,该走的人已离去;清风不语,因为我在哭泣;我也不捂,因为我还寂寞。喜欢一个人在雨中微风在楼顶仰望阴沉的天空,听一曲子,任泪划过脸庞,孤独惆怅夹杂着泪水随风而逝。我清晰地听见玻璃破裂的声音――那是我的心碎了一地。

一个人,一颗心,就像流星,转眼即逝,又有谁肯陶醉其中?度日又像做梦,过后才会清醒。

窗外,雨一直下,一个孤独的女孩慢慢走过。

又是一个雨天,又是一个女孩,又是一个梦。雨中的故事不再新奇,雨中的女孩不再可爱,雨中的梦已经不在……

雨中的梦醒了,雨中的我走了,但我心中雨一直下着……

帮忙找一篇写雨的作文【带感悟的或带抒情的】!

求一篇有关日本温泉文化感悟的日语小作文。

日本人は年中温泉に行くほど温泉好きだと伝えている。温泉は裸になって汤に浸かるという

点で外国のスパとは异なり、中国人にとって友人らと裸で汤に浸かるのは少し抵抗があるが、  日本人は気にしないようだ。

温泉にはたくさんの裸の老妇人がいて、タオルを巻いて服を脱いでいる自分の様子をじっと

见ていたので紧张した。なぜそんなにタオルで隠すのか、老妇人らは

疑问に思っているように感じただろう。

浴室に入ったら、まず汤船に浸かりたいところだが、日本では体を隅から隅まで洗ってから

入らなくてはならないと说明された。老妇人たちが忠実にそれを守っている様子を见て、见习ったようだ。

温泉は思ったより浅く、汤船の中で座ることができたので、とてもくつろげたと体験をつづっている。

外は暗くなってきていて、お互いをあまり意识しなくなってきたことで、リラックスできたようだ。

温かい汤気とミネラルを含んだお汤ですっかり気分が良くなった様子。

自分は、温泉に入って初めて、人気がある理由が分かったという。温泉は想像以上にリラックス できるところだったと感じた。最初は戸惑うことが多かったが、それを乗り越えるととても 楽しめると思った。

谨供楼主参考。

帮忙找一篇写雨的作文【带感悟的或带抒情的】!

《求一篇有关日本温泉文化感悟的日语小作文_大理.doc》
将本文的Word文档下载到电脑,方便收藏和打印
点击下载文档

文档为doc格式

Tag :

本文地址:http://www.zuowen61.com/gaofenzuowen/10425.html

本文资源来源于互联网,所有观点与站长无关,请理性阅读!

相关文章